鈴木 明世

院長 日本形成外科学会専門医CEO Board Certified Plastic Surgeon鈴木 明世Akiyo Suzuki M.D.

【 経 歴 】
Union大学卒業 B.A. in Biology
(米国ユニオン大学生物学学士)
弘前大学医学部医学科入学
(3年次学士編入)
University of Tennessee School of Medicine Clinical Clerkship
Loma Linda University Plastic Surgery Observership
弘前大学医学部医学科卒業
手稲渓仁会病院初期臨床研修
札幌医科大学附属病院 形成外科
Chang Gung Memorial Hospital Plastic Surgery Observership
室蘭市立病院 形成外科医長
砂川市立病院 形成外科
札幌医科大学附属病院 形成外科 助教
がん研有明病院 形成外科
CZEN GINZA CLINIC 院長

Philosophy

当院の理念

高い道徳理念に生きる
プロフェッショナル

Professionals with high ethical standards

院長のご挨拶

私はかつて学生時代に、国際ボランティア活動に参加する機会がありました。当時まだ医療設備が整っていないネパールの貧しい山岳地帯で、診療所の建設を行うプロジェクトでした。
レンガ運びなどを手伝い、建築現場を担当していた私達のチームとは別に、先天異常の子供達に手術治療を行う医療ボランティアのチームがありました。
口唇口蓋裂という、生まれながらに口唇の一部に裂け目が現れる先天性疾患があり、日本でも一定の割合でみられるのですが、医療が発達している先進国では幼児期に手術治療を行うのが一般的です。
しかし、当時のネパールのような発展途上国では、口唇口蓋裂の子供達は手術が受けられないまま成長し、その容貌のために患児のみならず家族全員が「呪われている」と考えられ、患児の姉妹達は結婚が困難になる等の社会的な差別を受けていました。
そのような悲惨な状況に苦しむ患者と家族の為に、医療チームは患者本人を手術治療するだけではなく、心のケアを通して家族も救済するという働きをしていました。この様な医療チームの献身的な働きを通して、患者と家族の人生が、喜びと希望に大きく変えられて行くことを知り、大変な感動を覚えました。
後に、そのボランティアで活躍していた医師達は、欧米の形成美容外科医だということが分かりました。彼らは、週の半分を形成外科医として大病院で働き、残りの半分は美容外科医としてプライベートクリニックで様々な手術を手がけていました。
欧米では専門医の上限数に規制をかけているため、人気の科である形成外科専門医になることは難関であり、成績が優秀な少数の医学生にのみ、形成外科のトレーニングを受けることが許されています。そして美容外科医は、その難関である形成外科専門医の資格を取得した後に、更にトレーニングを積むことで、初めて名乗ることが許されるスーパーエリートという認識が社会に根付いています。
反対に日本では、形成外科専門医でないばかりか、初期研修を終了しただけの医師や、手術を全くしたことがない医師でも美容外科医を名乗ることが可能となっています。現状の日本のように美容外科医の規制が存在しない中で、美容外科に関わる医師が自分を律するには、医師自身の信条が重要になってきます。
幸いにも、私は学生時代に本物の形成外科医、美容外科医の働きに触れることが出来た為、医師として一貫した信条を持つことが出来ました。それは欧米の形成美容外科医 ( Plastic Aesthetic Surgeon ) のように、本物の技術を持ち合わせた形成外科専門医になり、形成外科・美容外科の両分野を担っていくということでした。
形成外科専門医を取得後、大学付属病院の教員医師として勤務し、また国内最大規模の乳癌手術治療を行う、がん研有明病院で主に乳房再建手術を担当させて頂きました。
さらに、美容外科では鼻手術や骨切りのスペシャリストである先生方に師事し、それぞれのクリニックで勤務させて頂く機会に恵まれ、数多くの症例に携わりました。その他、美容皮膚科や大手美容外科で勤務させて頂き、全国各地で診療を行ってまいりました。
CZEN GINZA CLINIC の使命として掲げています、「真正かつ良質な医療」
High Quality and Authentic Medical Services を実現するため、当院の医師は全員が各分野で活躍している学会専門医で構成されております。また、再生医療に関しても数多くの治療ライセンスを有しており、院内には厚生労働省へ届出済みの細胞培養加工施設(CPC)を完備し、患者様が安心して治療を受け、ご満足いただけるように医療環境を整えております。
私たちの重要な使命であります「真正かつ良質な医療」に徹する当院のサービスが、治療を必要とされている皆様に喜ばれ、人生の励みとなること。さらには、その方々のご家族や治療に関わった周囲の人々も含めて、皆に幸せと生きがいを感じていただくこと。それこそが、我々が真に追い求めていることです。


鈴木明世 日本形成外科学会認定 
形成外科専門医
【 所属学会 】
日本形成外科学会
日本美容外科学会( JSAPS )
日本再生医療学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本マイクロサージャリー学会
日本形成外科手術手技学会
日本手外科学会
日本創傷外科学会
日本熱傷学会

鈴木明世院長の独自取材記事はこちら
わたしの名医に鈴木明世院長が取材されました。

各専門医のご紹介

  • 倉元有木子

    Yukiko Kuramoto M.D.倉元有木子

    ・日本形成外科学会専門医

    ・日本創傷外科学会専門医

    ・日本形成外科学会再建マイクロサージャリー分野指導認定医

  • 中川嗣文

    Tsugufumi Nakagawa M.D.中川嗣文

    ・日本形成外科学会専門医

    ・日本創傷外科学会専門医

    ・日本頭蓋顎顔面外科学会専門医

    ・日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医

    ・日本形成外科学会小児形成外科分野指導医

  • 中嶋智香子

    Chikako Nakashima M.D.中嶋智香子

    ・日本皮膚科学会専門医

  • 三浪友輔

    Yusuke Minami M.D., Ph.D.三浪友輔

    ・日本整形外科学会専門医

    ・日本整形外科学会認定骨・軟部腫瘍医

    ・がん治療認定医

    ・医学博士