毛穴の開き・黒ずみ  ■ しわ・たるみ  ■ ニキビ・ニキビ跡  ■ 色素沈着  ■ 肌質・毛穴  ■ ハリ・ツヤ

  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • しわ・たるみ
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 色素沈着
  • 肌質・毛穴
  • ハリ・ツヤ
  • フラクトラは、イスラエル製の医療機器で、年齢とともに皮膚が伸びるのを予防し、皮膚を引き締める最新の高周波治療です。フラクトラは、高周波(RH)の熱エネルギーをお肌の深部まで到達させることで、小さな針でも皮膚のタイトニングやシワの改善にも効果を発揮します。
    症状に合わせて60本と24本の深さと密度が違うチップを選択しコラーゲンやエラスチンの生成を促すことで、お肌にハリを出すことができ、ニキビやニキビ跡の治療や凸凹した毛穴にも対応可能です。

    フラクトラの特徴

    フラクトラは、高周波エネルギーをマイクロニードルと組み合わせて使用する治療法で、肌を若返らせて表面を再形成することが出来ます。治療には、多針ヘッドを持つハンドヘルドデバイスを使用し、針で皮膚に穴を開けると同時に、無線周波数エネルギーを皮膚に送り、皮膚を加熱します。皮膚の穿孔またはアブレーションは、意図的に皮膚の損傷を引き起こし、無線周波数(RF)がコラーゲンの生成をトリガーする間、細胞のターンオーバー率を加速します。顔や体のさまざまな部位に使用でき、目の下の皮膚、口の周り、顎、ニキビ跡、首と胸、腕の下のクレーピー皮膚、膝の周りなどのトラブルスポットの治療に使用されます。

    症状に合わせた多様なチップ

    先端のチップは全部で4種類あり、それぞれピンの長さや密度、コーティングの範囲が異なるので、照射部位や凹凸の深さ、Skin Typeによって使い分けます。「浅い層や小じわに効く」「しわやにきび跡全般に効く」「深い凹凸やシワに効く」「皮下に蓄膿を認める活動性ニキビに対しても殺菌効果がある」などの特性を、お肌の状態に分けて使い分けていきます。
    基本的に日本人のニキビに対しては、以下の60ピン、600ミクロンのチップを使うのが良さそうです。

    フラクトラの症例

    照射後3-5日間は点状の瘡蓋が形成され、約1週間で皮膚表面の上皮化が得られます。また、皮下では照射後2週間の時点でより高密度でコラーゲンやエラスチンの再生が進みます。お肌の状態にもよりますが、約半年で1クール(3-6週間毎に合計5回照射)を基本プロトコールとしてご提案しています。
    また、活動性のニキビ、ざ瘡後瘢痕以外にも、小じわ、色素沈着、血管拡張症に伴う赤ら顔などに対しても、効果を出すことが可能です。例えば、活動性ニキビと顔全体のクスミ・凹凸・毛穴の開きなどが気になっている場合、1回の照射にも関わらず、照射後1週間でニキビの炎症やニキビ跡の色素沈着が改善し、照射後3週間で肌全体の透明感やハリ改善が認められたケースも珍しくありません。顔面に限らず、体幹や四肢の肌荒れ、色素沈着、赤み等にも効果が出ていますので、気になる症状がある方はご相談ください。

    料金案内

    フラクトラの料金表は下記よりご覧いただけます。