シワ  ■ たるみ  ■ ボリュームロス  ■ フェイスラインの崩れ

  • シワ
  • たるみ
  • ボリュームロス
  • フェイスラインの崩れ
  • 当院では、厚生労働省による品質、有用性、安全管理の厳しい審査を経て製造販売承認を受けたヒアルロン酸のみを使用しております。ジュビダームビスタ®シリーズは、現在5つのラインナップがあり、その中でも「ボリューマXC」が一番新しいヒアルロン酸です。従来のヒアルロン酸が6ヶ月~12ヶ月の持続期間に対し、ボリューマXCは12ヶ月~24ヶ月(最大2年間)持続します。従来のヒアルロン酸とは注入位置が異なり、特にたるみに適したヒアルロン酸です。しわも目立ちにくくなるとともに、委縮した骨格を補うため顔のボリュームのバランスもトータルに調整できます。

    ヒアルロン酸の効果

    若々しい肌にとってヒアルロン酸は大切です。ヒアルロン酸はたくさんの水分を皮膚の中にたくわえることで、弾力がありしわのない肌を保っています。年齢を重ねるとヒアルロン酸は減り、皮下組織(皮下脂肪)のボリュームも減少して、たるんだり、しわや溝が次第に深くなります。減少したボリュームや深くなってしまったしわ・溝を日常のお手入れで改善することは難しいため、ヒアルロン酸皮膚充鎮材(医療用のヒアルロン酸)を皮膚に注入して、しわや溝を目立たなくさせたり、肌のボリューム減少を内側から補填する方法です。

    安全なヒアルロン酸治療を

    ヒアルロン酸注射のブランドや種類はとても多く、投与する部位によって使い分けがされています。しかし、多くのヒアルロン酸注射は、日本で厚生労働省の承認がされていない海外の製品で、クリニックが個人輸入して使っているケースがほとんどです。 どのヒアルロン酸製剤が良質で効果が高いのかは専門の医師でないと判断ができないものです。アラガン社のジュビダームビスタシリーズは厚生労働省の承認済み。承認されているということは、日本人での有効性・安全性が確認された安心の製剤ということです。ジュビダームシリーズは世界130カ国以上で認可され、世界のヒアルロン酸シェアの40%以上でシェアナンバーワンのヒアルロン酸製剤です。安心して治療を受けていただけます。

    ジュビダームビスタ®の特徴

    [ ボリューマXC ]

    様々な大きさの形状のヒアルロン酸ゲル粒子を組み合わせた、滑らかでムラのないゲルが含まれています。また、組織となじみやすいため、注入後の凸凹した感じが残りにくく、表情の動きに合わせた自然な仕上がりが可能です。また、低吸水性のため、後日膨らんでくることがありません。
    しわ・たるみを引き上げた状態でこめかみ・頬骨に注入すると、皮膚の中で支柱の役割を果たします。高い弾性と凝集性を持つため、ほうれい線などのしわ、フェイスラインの崩れ、頬のたるみに適した施術です。顎に注入することで、フェイスラインがさらに引き締まり、女性らしいエステティックラインに仕上がります。加齢により委縮した骨を補い、ボリュームを与え、フェイスラインを整えることで若々しさを再現します。骨上という深い位置に注入するため、ほとんどの施術と併用して受けることができます。

    ボリュームロス治療

    通常のヒアルロン酸と比べて、密な網目構造をしているため、体質や注入量などにより個人差がありますが、約12~24ヶ月(最大2年間)に渡りボリュームを保ちます。

    ボリューマXCの症例

    [ ボリフトXC ]

    ボリフトXCは、ほうれい線などのしわ・溝に直接注入します。くぼみの下にヒアルロン酸が入り、しわを盛り上げ目立たなくさせます。皮膚の浅い位置に注入されているため、併用できない施術があります。ボリフトXCは、低吸水性のため、後日膨らんでくることがありません。また、組織となじみやすく、ボコボコした感じが残りにくいです。ボリューマXCで顔のボリューム・しわ・たるみを改善後に、少量注入するのがおすすめです。

    しわ・溝の治療

    体質や注入量などにより個人差がありますが、約12~18ヶ月かけて注入したヒアルロン酸が体内に吸収されていきます。

    ボリフトXCの症例

    料金案内

    ジュビダームビスタ®の料金表は下記よりご覧いただけます。