シミ  ■ 青あざ  ■ 異所性蒙古斑  ■ 茶あざ  ■ 脂漏性角化症  ■ 老人性色素斑  ■ そばかす  ■ 刺青の除去

  • シミ
  • 青あざ
  • 異所性蒙古斑
  • 茶あざ
  • 脂漏性角化症
  • 老人性色素斑
  • そばかす
  • 刺青の除去
  • 「Q-SWルビーレーザー MODEL IB101」は、ワンタッチで2種類(Qスイッチ・短パルス)のパルス幅を自在に選択できる安全性と合理性を備えたツインパルスレーザー治療装置です。
    メラニン色素の吸収が高いのに対して、コラーゲンやヘモグロビンはほとんど吸収されないため、シミやあざの治療に効果が見込めます。Qスイッチでは「太田母斑」「異所性蒙古斑」など深在性色素病変の治療、短パルスでは「脂漏性角化症」「老人性色素斑」など表在性色素病変の治療というように疾患に応じて、使い分けが可能です。

    ルビーレーザーは
    皮膚疾患治療に効果的

    レーザー光の生体への作用は、生体の構成要素がレーザー光を吸収して熱変換されることから起こります。
    ルビーレーザーの波長は694nmとメラニン色素顆粒に対して吸収が高くコラーゲン組織やヘモグロビンにはほとんど吸収されず、メラニン性皮膚色素疾患の治療には適した波長です。
    深在性疾患の場合には、色素顆粒に吸収されたエネルギーが熱変化するため、 正常組織に伝達する時間よりもレーザー照射時間は短くする必要があります。
    IB101のQスイッチモードは、レーザー光のピークパワーを高くし、 照射時間は熱緩和理論に基づき20nsec.と短く設定、周囲組織への熱影響を低減するとともに治療効果を上げています。短パルスモードを使用して、表在性疾患の治療を行う場合には、パルス幅が(パルス幅を200μsec.とし)メラニンに対する選択性を維持しつつ、表皮のアブレーション効果も上げています。

    ツインパルス内蔵

    「Q-SWルビーレーザー MODEL IB101」は、ワンタッチで2種類のパルス幅を自在に選択できる独創的なルビーレーザです。Qスイッチでは「太田母斑」「異所性蒙古斑」など深在性色素病変の治療、短パルスでは「脂漏性角化症」「老人性色素斑」など表在性色素病変の治療というように疾患に応じて、使い分けが可能です。

    [ Qスイッチモード ]

    パルス幅 20nsec 出力 3~10J / cm² 特徴 Qスイッチモードは、照射時間を短く設定することにより、レーザ光のピークパワーが高くなります。このモードは周囲組織への熱影響が少なく、メラニン色素のみを選択的に壊すことができます。そのため、真皮深層の深在性色素疾患の治療が可能になります。 適応疾患 太田母斑・異所性蒙古斑・扁平母斑など

    [ 短パルスモード ]

    パルス幅 200μsec 出力 10~40J / cm² 特徴 短パルスモードはメラニン色素を選択的に壊しますが、表皮とのアブレーション効果が高いため、表在性色素疾患の治療に適しています。 適応疾患 脂漏性角化症・老人性色素斑・雀卵斑など
    発振モード Qスイッチモード 短パルスモード
    パルス幅 20nsec 200μsec
    出力 3~10J / cm² 10~40J / cm²
    特徴 Qスイッチモードは、照射時間を短く設定することにより、レーザ光のピークパワーが高くなります。このモードは周囲組織への熱影響が少なく、メラニン色素のみを選択的に壊すことができます。そのため、真皮深層の深在性色素疾患の治療が可能になります。 短パルスモードはメラニン色素を選択的に壊しますが、表皮とのアブレーション効果が高いため、表在性色素疾患の治療に適しています。
    適応疾患 太田母斑・異所性蒙古斑・扁平母斑など 脂漏性角化症・老人性色素斑・雀卵斑など

    料金案内

    Q-SWルビーレーザーの料金表は下記よりご覧いただけます。