幹細胞を活用した再生医療

人間の自然治癒力でトカゲのように再生することはできません。ただ、再生しようと働く細胞や成分は、人間の体の中にもあります。そのひとつが、再生医療業界で今もっとも注目される「幹細胞」です。幹細胞には2つの能力があります。ひとつは、長期間にわたり自らを複製させる能力。もうひとつは、特定の細胞に分化する能力です。つまり、組織や臓器の損傷した部分を補う可能性を秘めているのです。
では、なぜこんな細胞が体内にあるのに、人体はトカゲのように再生することができないのでしょう? その理由としては、幹細胞の数が少ないこと、人体の構造が複雑であることなどがあげられます。しかし、幹細胞の研究が進み、医療技術に取り入れることが可能になりつつあるのです。実際、心臓疾患や乳房再建、血管再生、創傷治癒など、様々な疾患において臨床研究が行われ、その有効性が確認されています。

幹細胞の2つの能力

代表的な幹細胞

現在、世界中で研究が進められている代表的な幹細胞に、次の4つがあります。当院では、ADS細胞(脂肪由来幹細胞)を治療に活用しています。

iPS細胞

山中教授のノーベル賞受賞で知られる幹細胞。体細胞に4つの遺伝子を加えて作製される。


ES細胞

ヒトの胚(受精卵)から採取する幹細胞。受精卵を使用する倫理観で意見が分かれる。


ADS細胞

脂肪組織から採取する幹細胞。他の幹細胞源に比べ、採取できる幹細胞量が多いのが特徴。


HS細胞

造血由来幹細胞とも呼ばれ、血球系細胞に分化できる。骨髄から採取し、白血病治療に活用。


脂肪組織由来幹細胞の性質

脂肪組織由来幹細胞は、体性幹細胞の一種であり、前述の「自己複製能」と「多分化能」を持っています。あらゆる細胞になることはできませんが、脂肪だけではなく、骨、軟骨、神経、筋肉、心筋、血管、肝細胞、膵島細胞など、多様な細胞に分化することが明らかになっています。

脂肪組織由来幹細胞の
「多分化能」

これに加えて、2つの大きな特色があり、再生医療に有用な細胞として、非常に注目されています。

01. 免疫調節や炎症抑制などの機能

脂肪組織由来幹細胞と、骨髄由来幹細胞を代表とする「間葉系幹細胞」には、異常をきたした免疫を調節して正常化したり、暴走した炎症をコントロールする機能があることが知られています。この性質を利用して、免疫や炎症の異常が原因と考えられるさまざまな病気の治療への応用が期待されています。


02. 採取が容易である

脂肪組織は、脂肪吸引などの手技を用いて、体への負担を少なく、他の細胞に比べてたくさんの量の細胞を採取することができます。類似した性質を持つ骨髄由来幹細胞は、骨の中の骨髄という部分にあるため、簡単に採取することができません。脂肪組織は、体の表面にあり、幹細胞を豊富に含む宝の山とも言えます。


脂肪組織由来幹細胞
の治療方法

この治療では、患者様の腹部(腹部からが不可能な場合には臀部を検討)から皮下脂肪組織を10g~20g採取し、脂肪組織から分離した患者様ご自身の幹細胞を培養します。細胞の培養には約3週間かかり、一定の細胞数まで増やした後、幹細胞を静脈内投与(点滴)でお身体に戻します。幹細胞は体内の損傷した部位に集まり、幹細胞自体の働きや幹細胞が放出する多種多様な成分の働きにより、傷ついた組織の修復を促します。このことにより、肝臓の障害を緩和し、QOL(生活の質)の改善をはかります。

治療の流れ

[ 脂肪組織由来幹細胞療法のメリットとデメリット ]

脂肪組織由来幹細胞療法は、多くのメリットを伴う一方で、安全かつ迅速に治療を提供することが求められています。そのためこの治療方法を含む再生医療と言われる治療を提供する場合は、厚生労働省に“再生医療提供計画届書”を提出し、認可を取得することが義務付けられています(PRP-FDを除く)。厚生労働省の認可がなければ、脂肪組織由来幹細胞療法を含む“再生医療”を提供することはできません。

メリット
  • 痛みの改善や関節可動域の拡大などが期待できる。
  • 脂肪組織の採取量が少なく、治療も注射のみであるため体への負担が少ない。
  • 患者様由来の脂肪組織から作製されるため、拒絶反応等のリスクは極めて低い。
  • デメリット
  • 1回の治療による効果の持続時間について、詳細に言及する十分なデータがない。
  • 治療が完了するまでに時間がかかる(半年目安)。
  • 治療による痛み、炎症(熱感、赤み、腫れ)を伴う(数日間)。
  • 公的医療保険の適用を受けることができない。
  • 投与部位と脂肪採取部の一時的な痛み、皮下出血の可能性がある。
  • 当院が提供している
    脂肪組織由来幹細胞療法

    当院では、以下の疾患に対して脂肪組織由来幹細胞の治療をおこなっています。その特徴は、患者様の疾患に応じて最適な治療を行うため、カウンセリング時にその作成や投与方法を患者様ごとに最も効果の得られ、かつ安全な治療をご案内しています。また、当院は、関節、皮膚および毛髪に対する脂肪組織由来幹細胞を用いた治療に対する治療計画を提出し、認可を受けた医療機関です。

    再生医療等提供計画提出済

    第2種再生医療等治療計画提出済
     計画番号:PB3200075
    (ざ瘡瘢痕に対する自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた静脈注射治療)


       

    第2種再生医療等治療計画提出済
     計画番号:PB3200078
    (皮膚の加齢性変化に対しての自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた局所注射療法)


    第3種再生医療等治療計画提出済
     計画番号:PB3200076
    (毛髪の加齢性変化による減少に対しての自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた局所注射療法)


    第2種再生医療等治療計画提出済
     計画番号:PB3200081
    (自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた関節痛、変形性関節症治療)


    よくある質問

    Q1. 治療に使用する細胞はどこで培養していますか?

    当院内に併設された培養施設で培養されています。

    Q2. 幹細胞とはどんな細胞ですか?

    人体は60兆個の細胞から構成されます。そして、これらの細胞は日々新しい細胞に入れ替わっていく細胞を生み出して補充する細胞を幹細胞といいます。

    Q3. 幹細胞治療で効果が出るのにどのくらいの期間がかかりますか?

    個人差がありますが約2ヶ月〜半年ほどで効果が期待できます。

    Q4. どこから脂肪を採取しますか?

    おへその上、臀部などの傷跡が目立たない部分からごくわずかの脂肪を採取します。

    Q5. 保険は利かないのですか?

    保険適応になるためには国の認可が必要です。審査には長期間要し、最先端の医療技術をすぐに保険を利かせて行うことができないのです。それが海外で行われている治療であっても日本でもう一度審査が必要となるのです。

    Q6. 幹細胞治療は万能ですか?

    万能ではありませんが、治療の効果は実感できると思います。全ての治療に言えることですが、人により個人差はあります。また、1回の治療で全て治るということは言えません。1回の治療を行うよりは複数回行う方が高い効果を実感できると思います。症状や状態によってその人に合った最適な治療を提供させていただきます。